株式会社 美善/農らくマーケット 除草機、溝切機、溝堀機、播種同時施薬機、多目的移動台車など多くのアイデア農機具を製造販売しております。

株式会社美善
〒998-0832
山形県酒田市両羽町9-20
TEL:0234-23-7135
FAX:0234-24-4638

───────────────────
小型農業機械製造
板金・プレス
スポット・溶接
各種機械加工
焼付塗装ライン
製品組立ライン
───────────────────
qrcode.png
http://www.kk-bizen.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

347655
 
 
フォーム
 
無肥料無農薬水田栽培の勉強
2015-08-24
無肥料・無農薬で稲作を営まれている農家さん、研究者さん、行政さん達10名が新潟より庄内へお越しくださいました。
 
午前中は、農家でありながら哲学者!?我々も気軽にお声掛けが憚られる?生きる伝説、S様の圃場へ伺いました。
 
完全無肥料、無農薬栽培に切り替えて12年、苦労の中に気づきがあり、学んだことを次の年に実践することを重ね、現在に至ります。
山の森の木々はなぜあんなに自生を繰り返し成長し続けられるのか。畦の(雑)草は肥料や農薬を振っていないのに毎年、決まって生い茂り、そして病気にならないのか。
元来、植物が自然のままに生きてきたように、その自然に近い形を人間の手によってすこしでも近づけることができるか。
お米についても深く考えられたのかと思います。
 
日本全国、風土が違っても自然の恵みを最大限に生かすことができる。
本来持っている、水稲の力。水田の土、他草との共存…。さまざまな力を生かし、いかに人間が最大限に引き延ばすか。
そこに答えがある訳では無く、自問自答しながら米作りをしている姿。
普段、あまり我々には見せない姿や言動にS様に大げさですがオーラを感じ取ることができました。
名言 「除草をして除草にあらず…」
 
 
午後は、場所を移し山形大学農学部の圃場へ案内しました。
 
そこでも2007年から無肥料無農薬で米作り研究をなされているK名誉教授へ伺いました。
 
古くは、江戸時代の稲作栽培技術の文献には多数回除草について奨励されているようです。
時代が変わり、施肥文化が確立し、防除技術の向上とともに除草は廃れていくわけですが、
稲の生きる力、水田の恵み、水田に住む生き物、その生き物を捕食する生態系、雑草との共存…
出来る限り、それらの力を人間によって引き出すことですべてが好循環となる。
 
生産者は苦労も多いけど、コストをできるだけ抑えて、誰にでも美味しいを分かる米を高く販売することができればやっていける。
消費者は、こういった思想を持ちながら農作業に従事していることへの信頼感、安心感。そして何より味が保障することでしょう。
 
栽培技術や方法は完全に一致しなくても、自然に近い形を人間が手助けすることを意識することでおのずと環境にやさしいのはもちろん、安全なお米作りが作り出すことができるのではないかと感じました。
 
名言 「水田の主は雑草であり、稲は客である」 
 
ひとし
 
新製品を開発中です。
2015-08-11
本日は午後から小雨が降る酒田です。
 
現在弊社では秋の発表に向けて新製品を開発中です。
今日は試作品について社長をはじめ各職より意見や感想を出し合いました。
 
最も慎重に検討しているのは強度です。
 
使用に耐えうる強さを備えつつ、いかに外観もスマートに仕上げるか。
過去の経験則からの改良と同時に、新しい構造に対する問題の予測もしなければなりません。
 
全ては、使って頂けるお客様の満足のため。
 
大量生産はできない小さな町工場ですが、稲作の省力化に弊社製品が一台でも多く貢献できましたら、これ以上の喜びはありません。
 
完成に向けて、さらなる試作開発は続きます・・・。
 
東京での再会
2015-08-11

久々の更新になりました。

 

先週の5日間、35度を超す、猛暑の東京へ出張してきました。

 

今年2月にミャンマー農業ミッションでお世話になったJETROスタッフとの再会。

また、本部へ訪問してきました。

 

ミャンマーの視察以降、あらゆる国からのオファーや注文がありました。

 

今後に繋がる実績を残すことができましたが、一方で重要な課題もあります。

 

それらを無策で対応できるわけがありません。

 

その為にも、さまざまな機関を活用することで、時には相談し、時には頼り

 

自分で調べる。一連の手段のヒントがここにはあります。

 

 

それだけではなく、ミャンマー視察は当地に物を販売した。普及したという

 

形に見えることばかりではなく、JETROスタッフやミッションに参加した一般企業との繋がり

 

彼らの貿易の考え方、将来の話など情報交換したり、共有したり

 

時にはタッグを組んで一つの仕事をするかもしれない。

 

そんな気持ちの高ぶりと将来を予感させるひと時となりました。

 

専門機関なので、ライブラリーの画像は載せられませんが、圧巻でした。

 

これは、田舎からわざわざこれだけのために出張する価値さえあります。

 

また、じっくり訪問したいと思います。

 

ひとし

 
千葉にて除草機の実演
2015-05-16

先週は千葉へ行ってきました。

佐倉、いすみ、長柄という旅程です。


除草機シーズンの到来という事で、この日が初めての入水になりました。
農家の皆さんも常に研究されており、深水管理で除草機も水を落とさず行える方法も課題としていただきました。
天気は良いですが、心地よい風が吹いてきます。

今ならきっと酒田の方が暑い(熱い)ことでしょう。
何故なら、酒田まつりがあったからです。ちなみに除草機シーズンインにつき近年は、まつりには参加できていません...。

 

来週は新たなアイテムの会議、試験で山形内陸、新潟に参ります!

 

ひとし

 
田植えのお手伝い
2015-05-16

昨日は縁あって、庄内町の米シスト庄内様の田植えのお手伝いをしてきました。
【感想】
これ以上の機械化の余地はあまりない。だけど人手は必要。
そんな事より…
そして日頃PCに向かったり、業界関係ばかりの所謂「いつもの仕事」な訳ですが、日光を浴びたり、心地よい風を感じたり。時折雨に当たったりと、外気に触れることは時には必要と思いました。

...

最初は農家さまの苦労を知りたいとか他に農作業が大変で困っている事を見出したい。と少し綺麗事を思ってました。
そしてそれを本業に生かしたいと…。

ですが、他から来ていたお手伝いの若者を含め、休憩中に将来の事、住んでる街でやるべき事、今興味を持っている事など、普段仕事中に出来ない話が盛り上がりました。
私と一回り以上離れた若者と話す事など余り無かったので、ハッキリ言って私のリハビリになりました。
こういった活力ある若者達と今後も繋がって行きたいと思った1日でした。

そして今日は筋肉痛です((*´∀`*))

 

ひとし

<<株式会社美善>> 〒998-0832 山形県酒田市両羽町9-20 TEL:0234-23-7135 FAX:0234-24-4638