除草剤が効かないとお悩みの方に

お問い合わせ TEL 0234-23-7135

除草剤が効かない時がある、除草剤の散布したのに雨で流れてしまった、なるべく除草剤の使用回数や使用量を減らしたい、特別栽培なので何度も除草剤を使えない、動力を使わない稲に優しい除草機が欲しい、導入費用をなるべく安く抑えたい、などのお悩みをお持ちの方は是非あめんぼ号SPWをご検討下さい。
SPWカタログ >>> ダウンロード

展示会で実物を見たい、直接相談したい方はこちら >>>

SPW×無農薬 SPW×除草剤

あめんぼ号SPWを導入したお客様には、こんな困りごとがありました。

  • 無農薬栽培を増やしたい
  • 除草剤がうまく効かない
  • 散布した除草剤が大雨で流れてしまった
  • 特別栽培で除草剤の追加ができない

田植機用アタッチメント除草機あめんぼ号SPWは、無農薬栽培はもちろん慣行栽培でも効果を上げています。除草剤を使用している水田に除草機SPWを導入する事で、機械除草と除草剤の併用効果が生まれます。除草効果を維持しながらも薬剤の使用回数を減らせるため、除草剤使用量が減り購入費用も節約できます。近年は異常気象の影響もあり、大雨や干ばつなどで水田条件が安定せず散布した除草剤が効果を発揮しないケースも多く見られます。

除草剤を使用する場合でも、除草機を入れる事で物理的に雑草の数を減らした上で除草剤を使用すれば相乗的な効果が期待できます。

あめんぼ号SPWの除草とは

田植後まだ水面下にある小さな雑草のうちに除草を開始するのが最も重要です。あめんぼ号では田植後7日目を第一回目の除草としています。条間は鋭く鋭利なステン素材のスパイラルローラーが土を攪拌しながら雑草を巻き上げます。株間や株元は樹脂素材の転車が回転しながら雑草を巻き取ります。

以後は7日に一度、同様にあめんぼ号を走らせて除草を繰り返します。1週間ごとに苗は分げつ成長し大きくなっていきますが、雑草は水面下にある小さな状態以上に伸びる時間を与えないため、稲の優勢が確保されます。やがて葉を広げ条間への日当たりを遮るまでに成長すると雑草の光合成もしにくくなり、雑草が大きくなれないまま中干しの時期となります。

除草剤を使用する場合は、散布と除草機を交互に使用することで除草剤を節約しながら雑草を抑制していきます。

取付できる田植機の種類

使用できる田植機につきましては下記の適合目安表をご覧下さい。植付部を全て外したうえでヒッチを取付する「田植機の再利用」を前提としているため、現役田植機として戻す事は難しいのでご注意下さい。クボタNW8/NW8S田植機の場合は純正多目的用ワンタッチに対応しています。なお弊社では組立サービス等は行っておりませんのでご了承下さい。

メーカー立ち会いサービス

除草作業に美善スタッフが立ち会い指導(有料)

あめんぼ号を購入したが初めて除草機を使用するので不安がある、去年うまくいかなかった、現場で立ち会いをしてほしい、というユーザー様向けのサービスです。水田の環境は、深い、浅い、軟らかい、固い、砂質、粘土質、など全て違います。お客様の水田に合った設定や使い方、トラブルの解決方法、来年に向けた除草機に適した土作りのアドバイスなどをお客様の水田専用に実施します。

ご希望の際は除草機を購入時に販売店への同時申し込みが最適です。既にご購入済みの方は下記からも直接お申し込み頂けます。なるべく田植え1ヶ月前までに事前にご相談下さい。除草時期は全国的に重なりますので人員や日程の都合上ご予約制となります。先に予定が埋まって希望日に訪問できない場合もありますのでご注意下さい。なお水面から数cm草が出てしまっている状態では除草適期を過ぎており作業が難しくなります。これらの意味でも早め早めのご相談をお願い致します。なお立会指導は必ずご本人さま所有の圃場でお願い致します。友人知人の田を借りての立会指導はお受け致しません。

  • 基本料金 33,000円(税込)
    +エリア別出張料金
  • エリア1 東北(青森/岩手/秋田/宮城/山形/福島)
    出張料金 11,000円(税込)
  • エリア2 関東・中部・北陸 (茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京/神奈川/山梨/新潟/長野/富山/石川/福井)
    出張料金 22,000円(税込)
  • エリア3 東海・関西・中国 (静岡/愛知/三重/岐阜/滋賀/京都/奈良/和歌山/大阪/兵庫/岡山/広島/鳥取/島根/山口)
    出張料金 33,000円(税込)
  • エリア4 北海道・四国・九州 (北海道/香川/徳島/愛媛/高知/福岡/大分/佐賀/長崎/熊本/宮崎/鹿児島)
    出張料金 44,000円(税込)

出張エリア選択




 

あめんぼ号SPWを使用した除草例

除草機の選択について

車輪幅について

※車輪幅は機種により違いがあります。

車輪幅が75cmの場合は2種類の走行方法があります。いずれの方法も車輪近くに苗がきますので走行には注意が必要ですが、除草機の仕様(レイアウト)も変わりますので事前にどちらにするか選択が必要となります。

上図のように苗を3列またぎで走行する方法です。除草機はSPW-43またはSPW-53になります。苗は車輪の内側にくるため見えませんが、田植機のセンターを中央の苗列に合わせながら走る事ができるので、直進キープしながら走行しやすい利点があります。

上図のように2列またぎで走行する方法です。除草機はSPW-42またはSPW-52になります。苗は車輪の外側にきます。田植機のセンターが条間になりますので直進キープがやや難しくなりますが、3列またぎと違って両側に苗が見えるため実際の距離を確認しながら走行する事が出来ます。車輪幅が60cmの場合も2条またぎです。

ご購入をご検討中のお客様へ

高額な機器は目指しておりません
なるべく多くの水田条件に対応できるよう目指してはおりますが、土が深い、浅い、固い、軟らかい、起伏が多い、少ない、水が多い、少ない、等々・・・実際の圃場は千差万別です。これらを1つの製品で自動的に対応する事は、多くのセンサーや仕組みが必要になり価格も上昇する要因となります。私共が目指すのは必要な基本能力を持ちながらも低価格で「困りごと」を解決できる機器です。そのためには、ご使用される皆様からも機器を使用するための環境づくりへのご協力が必要となります。

事前に体験をしてみたい(有料サービス)

購入してみたが思っていたのと違う・・・という場合もあります。しかし一度使用されたものはご返品はお受けできません。購入を迷っている、または効果を比べてみたいという方のために「出張体験」をご用意しております。あめんぼ号がお客様の圃場でどの程度適しているのか体験して頂けます。ご希望の際は田植え1ヶ月前までに事前にご相談下さい。除草時期は全国的に重なりますので人員や日程の都合上ご予約制となります。先に予定が埋まって希望日に訪問できない場合もありますのでご注意下さい。なお水面から数cm草が出てしまっている状態では除草適期を過ぎており作業が難しくなります。これらの意味でも早め早めのご相談をお願い致します。なお実演等は必ずご本人さま所有の圃場でお願い致します。友人知人の田を借りての実演や体験はお受け致しません。

  • 基本料金 33,000円(税込)
    +エリア別出張料金
  • エリア1 東北(青森/岩手/秋田/宮城/山形/福島)
    出張料金 11,000円(税込)
  • エリア2 関東・中部・北陸 (茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京/神奈川/山梨/新潟/長野/富山/石川/福井)
    出張料金 22,000円(税込)
  • エリア3 東海・関西・中国 (静岡/愛知/三重/岐阜/滋賀/京都/奈良/和歌山/大阪/兵庫/岡山/広島/鳥取/島根/山口)
    出張料金 33,000円(税込)
  • エリア4 北海道・四国・九州 (北海道/香川/徳島/愛媛/高知/福岡/大分/佐賀/長崎/熊本/宮崎/鹿児島)
    出張料金 44,000円(税込)

出張エリア選択




 

あめんぼ号の導入には事前準備が必要です

あめんぼ号シリーズに共通する事ですが、効果的かつ安全に作業するには、圃場の状態に大きく左右されます。ご使用を検討される場合は代かきの段階から準備が必要です。

除草時の主なトラブル

  • フロート(滑り板)が潜って苗を巻き込んでしまう
  • 白い転車が苗を巻き取る、または引き抜いてしまう

これらは特に導入初年に多いトラブルです。除草機は田の環境で大きく性能が変わります。土の深さ、高低の有無、列の正確さ、操縦の正確さ、などの違いに結果は大きく左右されます。逆にこれらの「除草機が効果を発揮できる条件」を代かき段階から準備して頂ければ上手に除草が行えます。今までと同じ方法で代かきや田植えをしてから、そのまま除草機を入れて、うまくいかない、という声を聞きます。この場合は次年度より下記のような土作りから始めて頂けるようお願い致します。なお田が深く修正できない圃場では、ダブル車輪を使用するなど田植機が沈まない工夫も必要です。深すぎる圃場では潜り防止のフロート板でも対応しきれない事があります。

  • 代かきは丁寧に、平らになるよう行う
    あめんぼ号には田植機のようなレベルセンサーはありません。田面の高低が多い場合は除草機やフロート板が土に潜り込み、苗の周囲の土を抱き込んだり押しのけたりして正常な作業が行えません。除草機は角度や高さを調整できるようになってはいますが、段階的なボルト固定式のため、調整したレベルに合わない場所に来ると株や列そのものを欠損させるトラブルの原因となります。初めて使用される場合で、何度も土に潜ってしまうなどの場合は代かきの均一さが不足している可能性があります。また土が深くて田植機が傾く場合も同様の結果を招きやすいため、次年度からは代かきの段階から均一さ、深さを意識して頂けますようお願い致します。
  • 苗をまっすぐ植える
    田植え時にカーブしたり蛇行したりした場合、後から除草で入る際の運転操作が難しくなってしまいます。列が曲がっている場所では除草機が苗に当たり易くなりますので、田植えの際は慎重にお願い致します。
  • 水量を適正にする
    あめんぼ号での作業時の適正水深は約3cm(+-1cmぐらいまで)です。多すぎても少なすぎても除草効果は得られなくなります。特に少ない場合は土を抱き込んだり動かしてしまいますので、苗の欠損トラブルの原因となります。作業前日までに水深を調整して頂けますようお願いします。
  • 作業時は車輪を条間にキープさせる
    除草で入る場合、前後の車輪が苗と苗の条間をしっかりキープするよう操縦にご注意下さい。蛇行してしまいますと車輪や除草機で苗を欠損させる原因となりますのでご注意下さい。
  • 出張体験サービスをご相談下さい
    上記の事前準備の有無や圃場環境の違いにより、思ったような効果が得られない場合がありましても購入後の返品はお受け致しません。弊社では出張体験サービスも実施しておりますので、事前に充分ご検討をお願い致します。出張体験は田植機型ではなく「歩行型あめんぼ号SGM」にての体験となりますが除草の仕組みは同じです。お申し込みはこちらから
  • 誤った組立、使用方法による破損は有償となります
    組立の際は充分に説明書を確認のうえお願い致します。ダブルナット部位の不適正な締め方による破損、ボルトの緩みによる脱落、締め過ぎによる部材の曲がり、これらはクレームとしてはお受け致しませんので予めご注意下さい。

理想的な作業姿勢


SPWを使用する上で田植機の水平姿勢は非常に重要です。
細かく柔らかな代掻きをしている、水位も適正である、にも関わらず除草機が土を押したり潜り込んだりする場合には田植機の姿勢が崩れている事が疑われます。

除草機が潜る、苗を巻き込む

除草機が潜ってしまう場合には、田植機の前が上がり、後方が下がっていることが多くあります。4条用や5条用など小型で軽い田植機になるほど起こりやすくなります。装備類が全て外されて非常に軽くなっている車体で、後方に操縦者の体重もかかるため後ろ下がりになり易い傾向にあります。その場合は車体の前部にウェイトを40~50kg程度追加して作業をお試し下さい。その上で再度様子を見ながら除草機の角度を変更する(フロート板のつま先を上げる)などの調整も合わせてお試し下さい。※圃場の出入りや陸上走行で前のめりに転倒しないよう充分ご注意下さい。

その他、水が少なく土が露出している場所もトラブルの原因となりますので必ず水深は確保のうえ実施して下さい。また、ワラや稲株が転車やスパイラルローラーに絡まると土や苗を巻き込む、回転が止まって土を掘って引きずる、などのトラブルが発生しますのでご注意下さい。

土を持ち上げる、苗が埋まる


6条用や8条用の車体が大きく重量がある田植機で起こりやすくなります。植付部が外れて後方が軽くなっているのに対して、大きなエンジンがある前側が重くなる傾向にあります。特にディーゼルエンジン車や、標準でフロントに大きなウェイトが付いたままになっている場合は更に前下がり姿勢になります。

前輪側が沈み込むと車輪やホイルキャップに土が多く貼り付き、苗の上に落ちる率が高くなります。フロントにウェイトなど重くなる物が装備されたままになってないか、施肥装置など装着したままになってないかなど、車体を軽くして水平姿勢になるよう確認してみて下さい。また、後輪もホイルキャップやカバーを取付するなどで車輪スポークに土が乗らない工夫もご検討下さい。タイヤのラグ(耳)を切り落とす事で土の持ち上げを減らす事もできますが、推進力が落ちますので切り落としは慎重に行って下さい。

姿勢が前下がりになると後方の除草機が接地しなくなるため、浮いたり除草効果も発揮されなくなりますのでご注意下さい。

苗を踏んでしまう!という方は下記をご確認ください

苗を踏んでしまう場合、下記が考えられます。

  • 田植機と除草機の組み合わせが合っていない
    2条/4条またぎの田植機に3条またぎ用の除草機を使った、またはその逆。適正なレイアウトであるか確認して下さい。
  • 車輪幅が30cm等倍(60cm/90cm/120cm)と大きく違う
    前後の車輪幅を確認して下さい。整備工場で車輪幅を加工する必要があるかも知れません。
    ※当社では加工していません。
  • 除草時期を過ぎてしまっている
    あめんぼ号の除草適期は田植え後1週間ほど~背丈30cm未満まで、となります。早すぎると活着が弱いので抜けたりします。逆に背丈が伸びて大きくなると葉を巻き込み易くなります。適正な時期内で入るようにお願いします。
  • 圃場が深くて田植機が蛇行してしまう。
    今からの対応は難しい事例です。
    次年より代かきの深さや高低レベルを均一にお願いします。
  • 田植え時に列が曲がってしまった。
    今からの対応は難しい事例です。
    操縦に注意して走行して下さい。

当ショッピングカート(農らくマーケット)からご注文の場合は、「西濃運輸 営業所止めが可能な一覧」から止め置き先をご注文ページのアンケート欄より下段にある「備考欄」にご記入下さい。ご指定がない場合は注文保留となりますのでご了承下さい。

田植機用ヒッチについてのご注意

ヒッチ適合表は表示の機種に必ず取付できると保証するものではありません。弊社で実機を計測した田植機の型式を掲載しておりますが、田植機には同じ型式であっても仕様の違いによりヒッチを取り付けする部分の構造が全く違う場合があります。そのため適合表にある機種用のヒッチをお使い頂いても、ボルト径などが合わない、穴位置が違うなどの理由で取付できない事が希にあります。

合わない場合は返品をお受けします()。またはご希望により加工などの対応もご相談をお受け致しますが、基本的には保証外の事項となりますので対応そのものが不可の場合もございます。あらかじめご了承下さい。なお加工等は別途有料となります。

()事前のご相談なく切削や穴開け加工などをされた場合や、到着日から1ヶ月経過した場合には返品もお受けできませんので、ヒッチをお受け取りになった場合は速やかに仮合わせをして適合の確認をお願い致します。販売店様や個人様に関わりなくお願い致します。

※お客様都合による返品には箱代手数料1,000円(税別)実費ご負担となります。
キズありなどの場合は再塗装手数料3,000円(税別)も必要となります。

クボタ田植機(KA/KLヒッチ対象機について)

クボタ田植機(SPA4/SPA5/SPA6/SPA55/SPA65/SPA65G)につきましては、下記図の田植機パーツ「ブラケット」を利用します。このパーツを廃棄してしまうと取付できなくなりますのでご注意下さい。(ブラケットは植付部側についています。下記動画を参考にして下さい)
KA/KLヒッチ測定表をダウンロード

クボタ田植機(SPA4/SPA5/SPA6/SPA55/SPA65/SPA65G)
につきましては、図のブラケット内のベアリング内径とブラケット奥行きを必ずご確認下さい。
25mm=KLヒッチ
35mm=KAヒッチ
上記ご計測のうえ適合ヒッチをご選択頂くようご案内しております。

田植機アタッチメント除草機あめんぼ号SPW 画像

田植機取り付けヒッチ
(田植機種によって形状が異なります)

除草作業風景

田植機装着例 型式:SPW-61+ヒッチ(6条用)

両サイド跳ね上げ例 :SPW-61+ヒッチ(6条用)

<アルミフロート>
田面を受け、湿田でも沈むことは
ありません。

<両サイドステンレスフロート>
田植えの合わせ目が狭くなっている
条間のギリギリまで除草するため
端をカットしています。

<除草部配置>
転車=株間の除草
スパイラルローラー=条間の除草
千鳥配置することで初期の除草を
行うことができます。

<スパイラルローラー>
両端=14cm左右非対称
それ以外=20cm左右対称
特殊加工のスパイラルで草抑え効果抜群!

田植機アタッチメント除草機「あめんぼ号AT」作業風景

  • 4条用/2条またぎ SPW-42 181,500円(税込)
  • 4条用/3条またぎ SPW-43 181,500円(税込)
  • 5条用/2条またぎ SPW-52 192,500円(税込)
  • 5条用/3条またぎ SPW-53 225,500円(税込)
  • 6条用/4条またぎ SPW-61 319,000円(税込)
  • 8条用/4条またぎ SPW-81 368,500円(税込)

SPW本体購入(ヒッチ別売)

別売のヒッチを追加する場合は、本体をカートに入れた後でページに戻り再度ヒッチをカートに入れて下さい。

除草機条数

立会指導サービスの有無





クボタ用ヒッチ

各33,000円(税込)

クボタ田植機用ヒッチ






ヤンマー用ヒッチ

各33,000円(税込)

ヤンマー用ヒッチ





イセキ用ヒッチ

各33,000円(税込)

イセキ用ヒッチ





三菱用ヒッチ

各33,000円(税込)

三菱・みのる・共立用ヒッチ





除草機を既に所有、または田植機が変わった場合

※過去に除草機をご購入で後で田植機が変わった場合は、新たにヒッチを購入することで取り付けが可能になります。なお機種によりヒッチ在庫が日々変動していますので、ご注文後に正式納期をメール回答となります。PC用メールなど連絡の取れるメールアドレスをご使用下さい。(携帯電話宛てのメールエラーが増えています)

【パーツ】転車

転車(樹脂部のみ)
3,520円(税込)

追加パーツ(2)
追加パーツ(3)
追加パーツ(4)
追加パーツ(5)





スパイラルローラー

スパイラルローラーBL-20
SGM/SPW/SMKW/SGL共通(幅20cm)
16,500円(税込)
15,000円(税別)
※1台のみの価格





スパイラルローラー

スパイラルローラーBL-14
SGM/SPW/SMKW/SGL共通(幅14cm)
(L/R,1台の価格。左右必要な場合はLとRセット購入。)
各16,500円(税込)
各15,000円(税別)

左右選択



弊社では製品をお使いのお客様の感想、使用例のご紹介などを募集しております。
動画や写真のご提供、またご自身のホームページ、ブログ等で公開されてる場合は、弊社ホームページからもリンクおよびご紹介させて頂きます。

ユーザーボイス募集のページからお願いします!

商品レビュー

パーツで買えるのが嬉しい

02-5600 (1)転車/白色 (SGM/SMKW/SPW共通)

わたる 様

部品をWebから注文可能なのは非常に便利。
何用の部品かも一目で見て分かり易く、助かりました。
今回念のためメールにより型番などの問い合わせをさせて頂きましたが、非常にスピーディーにご回答頂けました。お陰様で適切な部品を短時間で購入することができました。また機会が御座いましたら宜しくお願い致します。

BL-14を購入

SGM/SPW共通スパイラルローラーBL-14

kabu 様

両端の田植え合わせ目が狭くなっている条間のギリギリまで除草できるので研究していると思います。
除草は田植後10日いないで一回目その後14日目で二回目の作業で大まかな除草が出来助かります。

バランスがちょっと。

02-5600 (1)転車/白色 (SGM/SMKW/SPW共通)

フク 様

昨年から、アメンボを使用しておりますが、
重量があるのと、バランスが悪いので、
トラック積み込みに、2度ほど羽をおりました。

初年度は、購入して後悔もありました。
稲も随分潰しました。

今年はは、大丈夫かと思いましたが
思いのほか潰してしまいましたが
田植え後の1回目のタイミングさえ合えば、草のない田んぼもできました。

邪魔にならない自転車みたいなスタンドあるといいなあ

全てのレビューを見る